最終選考で緊張しすぎて吐きそうになった学生時代の思い出

まいど!

アイデム西日本採用担当の長田です。

 

「役員選考」「最終選考」があちこちの企業で開催されている今日この頃。ブログをお読みの方の中にも、受けたことがある人は多いのではないでしょうか?

 

「最終面接は顔合わせ」なんて言われることもありますが、
果たして実際そうなのかというと、アイデム調べによると
最終面接で不採用にすることがないと答えた企業は「3割」でした。

7割の企業では落ちることもあるってことです。
うん、ぜんぜん顔合わせじゃないよね。。。。

 

詳細はこちら▼JOBRASS 編集部調べ 採用担当者428名対象
https://jobrass.com/magazine/measure/8361/


就活生が最終選考で気を付けておきたいポイントは、
ぶっちゃけその役員の考え方次第なので、
これが一番、というものはありません。。。

 

ただ、多くの企業の最終選考で共通して重視されやすいのは
「意欲」「覚悟」「熱意」とよく聞きます。

 

役員選考まで進んでいる以上、
人柄だとか能力だとかは、ベースの力はしっかりとあるわけです。
なので、「本当にウチで(その仕事で)働きたいと思っているのか」
なおさら確認されやすいと言われています。

 

そこまでトントン拍子で選考が進んでいたのに、
最終でばっかり落ちてしまう!!という人は、
ここの部分がしっかり考えられていない可能性もあるかもしれません。

 

そして、本気なのかどうかは、

態度や表情に出ます。
単純な受け答えの問題じゃなくて、

「表情」「声のトーン」「ニュアンス」などで伝わります。

 

「正解を答えよう」としか考えてなくて、
・本気で自分に合っているのか?
・本当にそれ以外の仕事じゃなくて、それがやってみたいと思っているのか?
・しんどいところ・厳しい所も理解していて、それも含めてやってみたいと決められているのか?

こうしたことを考えられていないと、
入社してから「こんなはずじゃなかった」「もっと調べておけばよかった」という
後悔に繋がってしまいます。

 

ミスマッチのない理想のマッチングのために、
しっかり考え抜いてから役員面接に臨んでくださいね!

 

頑張ろう!就活生!!

令和初の新入社員って響き、なんかステキ。

みなさん、どーもこんにちは。

10連休もあーーーっという間に過ぎ
元号「令和」になり
5月中旬となりましたが・・・
お元気でしょうか?笑

アイデムの採用担当紅一点&昭和生まれいぶきです。


就活生から提出される履歴書に
令和2年3月 ●●大学●●学部●●学科 卒業見込み
とよく見るようになりました。

ワタクシはまだ令和って書いたことがありません。

 

前にほずみさんが書いてたような・・・気もしない・・・でも・・・ない
が!今日は【学生さんからのよくある質問】について書きまーす。


Q.入社後の研修について教えてください!

教えて差し上げましょう。
アイデムでは入社後1年間は研修期間としています。

------------------------------------------------------------
※職種問わず共通

入社後約2~3か月
・基本知識の習得 会社のコト、商品概要、ロープレ、現場業務体験とか
・ビジネススキルの習得 発信力、提案力とか
・実践知識の習得 システム理解とか

f:id:shinsotsuaidem:20190510141559j:plain

f:id:shinsotsuaidem:20190510141611j:plain

現場へ配属
・実務能力の習得

※配属先の部署によって業務内容は変わってきますが、OJT担当者がマンツーマンでついて仕事の流れを覚えていただくイメージです。


2年目4月 一人前に!!
------------------------------------------------------------

毎年研修内容もブラッシュアップしていますので
多少の変更はありますが
一人前になるまでの流れはこんなイメージをしてもらえると◎

 

企業さま一社一社、求職者一人一人に寄り添い事業を行うアイデムだからこそ
社員にも寄り添えるチカラが必要になります。

入社後さーっと研修受けて配属!じゃ、あとよろしく!
なんてことはいたしませんっ。


その辺りからもアイデムの想いやこだわりを感じ取っていただけると嬉しいです。


では、また~

ゴールデンウィークこそ大学生は忙しい件

 

こんにちは!西日本採用担当の長田です。

明日から、いよいよゴールデンウィーーーーク!

みなさんのご予定はいかがですか?^^

 

私の予定は、子供と公園、子供と遊園地、子供と買い物…?

今のところ特に大きな予定はなく、毎日のんびり過ごしそうな予感です。

まぁ、これはこれでいい過ごし方なんだろうなって思います。

 

学生の皆さんのご予定はどうですか?

旅行に行く人、友達と飲みに行く人、趣味に没頭する人、色々だと思いますが、

「バイトだよ!!」っていう人も、結構多いのではないのでしょうか?

 

そう、このゴールディンウィークなんてまさに、

サービス業の各企業様やそこで働くスタッフの皆様しかり、

学生アルバイトのみなさんが社会を支えているのです。

 

もし、どのお店も閉まっていたら?遊び行くところもなかったら?

と思うとぞっとしますよね。

 

アイデムで働いていると、色々な業界に触れることができます。

何気なく利用している世の中の色々なサービスは、

すべてそこで働く「人」によって成り立っているんだって感します。

 

この会社に勤めるようになってから、以前よりもちょっとだけ、

働く人、店員さん、スタッフさんに愛着がわくようになりました(笑)

 

利用する人がお客様なんだから神様だと傲慢になるんじゃなくって、

利用客もスタッフも一人の人間同士として、

お互い気持ちよく過ごしていきたいものですね。

こういう学びも、人材業界で働くことの醍醐味なんだろうなって思います。

 

それでは皆さん、よいGWをお過ごしください!

説明を一通り聞いてからすぐに、質問ある人!って言われてもパッと思い浮かばないんじゃないかなぁと思う今日この頃。

こんにちは!ほずみです!

 

このブログを始めて2ヶ月くらいたったので、アクセスってどんなもんかな~と、GAを見てみましたらなんと!
こんなデータが出ていました↓↓

f:id:shinsotsuaidem:20190418153339j:plain

え、、、年齢構成比おかしくない、、、?わたしと長田さんしか見てないとか言わない)

 

きっと、この記事が上がってから、就活生からのアクセスが激増すると信じて書いていきます。

 

本日は説明会をしていてよくいただく質問について書いてみようかと思います。

 

Q.アイデムで活躍している人の特徴を教えてください!

A.ずばり!GRIT力のある方です!


GRIT力とは簡単に言うとやりきる力です。
これが備わっている方は活躍しているなと感じます。営業職の方は特に。

アイデムの営業職のしごとは超ざっくり言うと、

お客様の人材に関する課題を解決するしごと
なんですが、このご時勢、1回提案して課題解決できることって多くないんですよね。

そこで、うまくいかないからやーめたってならずに
この企業の課題を何とか解決するぞ!とやりきる気概をもって仕事に臨んでいる方こそ、お客様からの信頼も厚いですし、売上もついてきます。

上記のようにお客様と向き合い、寄り添い、解決へ導くために必要な力こそGRIT力なのです!


Q.キャリアチェンジってどんな感じですか?

A.申し訳ないが、人それぞれ!としか言いようが無い。


アイデムはサービスが多くある分、ポジションも様々。
総合職でご入社をいただくとどのポジションも就いていただく可能性があります!

営業部門でも、担当地域を持って営業活動をする人や、大手クライアントを専門に担当する人、WEBに特化した営業、人材紹介専門の営業担当など様々です。(その他の職種は説明会でcheckしてね!)

キャリアの考え方として、山登り型いかだ下り型の大きく2つに分類ができますが、
アイデムでは後者のいかだ下り型の方に向いているのかなーと思います。


山登り型とは?・・・山頂(自分の夢や目標)に向かってひたすら突き進むタイプ⇒大きな夢や目標がある人


いかだ下り型とは?・・・どんな川(職種)でもいかだに乗って流れに乗るタイプ⇒今できることを最大限頑張る人

 

どんなポジションに就いたとしても、その環境で頑張って、知識をつけていきたい!という考えの持ち主はアイデムで輝けることマチガイナシですね!

 

Q.総合職って全国転勤ですか?

A.いいえ!通える範囲での異動だけです!


一般的に総合職=全国転勤というイメージだと思いますが、
アイデムは総合職採用であっても、原則、自宅から通勤可能な範囲での異動しかないんです!

こんなところが地域密着の営業を可能にしている一つの要因だったりもするんですかね。
あ、原則って何?って話ですよね。
例えば、新しい土地に営業所を構えるぞ!ってなった場合、立ち上げメンバーにはお引越しをお願いするケースはありますが、選ばれる可能性で行くと1/500くらいなのでほぼないと思っていただいて良いのでは?と思います。

 

このあたりはよく聞かれる質問なので先に出しておきますね!
これ以外にも、説明会とか面接で質問をいただければ全力で回答させていただきますので、どしどし聞いてください!

それではまたノシ

選考結果の連絡が来ると、告白したときの返事を聞くときに似てると感じるのは私だけでしょうか。

久しぶりの登場です。西日本採用担当の長田です。

今日はちょっぴり重たいテーマでもありますが、「不採用」についてのお話です。

 

就職活動をしていた8年前の当時大学生の私は、「正解」を追い求めるダメ就活生でした。

 

「面接に受かるためのキレイな答え」をひたすらに探し求め、上手いこと言えたと感じたらこれは通ったぞ、なんて慢心し、予想外の質問が多いと受かったかどうかわからなくて不安な気持ちになる、そんな就活生でした。

 

面接の前には、パソコンのワードにひたすら想定される質問とそれに対する自分の考えを得意のタイピングでダーッと打ち込み、プリントアウトして読み上げて暗記する、なんてことをやっていました。

つくづく、面接の本質がわかっていなかったのだなと思います。

 

さて、以前の投稿で、就職活動では「お互いの相性」という問題がある、というお話をしました。

 

4月中盤、そろそろ企業の面接なども多く実施され、結果が出始めるころ。

順調に選考に進む場合もあれば、残念ながらお祈りメールが送られることもあります。

 

私が学生時代、お祈りメールが届くと「何が悪かったんだろう」と自分の悪かったところを一生懸命探しました。

これかな?と思ったら対策を立てるのですが、考えてもさっぱりわからない場合もありました。

それも当然で、「限られた採用予定人数の中で、よりピッタリな人」を採用するのですから、例えば最終選考に残られる学生さんなどは、本当に素晴らしい魅力をお持ちの方ばかりです。

 

つまり、不採用になる=「何か悪い部分があった」のではなく、「ご縁がなかった」という解釈のほうが正しい認識だということです。

 

もちろんアイデムの選考でも、残念ながらお見送りの判断をする場合もあります。

みなさん個性があり、輝かしいポイントだってお持ちです。

ご希望に応えることが出来ないという判断は、正直心苦しく、申し訳なく思います。

 

それでも、相性の合わない採用をしてしまうと、早期離職に繋がってしまいます。

企業はもちろんですが、何よりも採用された学生さんの人生にとって、大きな影響を与えてしまいます。

それを防ぐことは、採用担当者の大事なミッションだと考えています。

 

お見送りが続くと、つらくなるときもあるかもしれません。

そんな時、今の話を思い出してほしい。

「ご縁がなかったんやな。次、頑張ろう!」と。

 

アイデムにご縁があった人も、なかった人も、一社会人として応援しています。

頑張ろう!就活生!!

 

了解→りょ→り 言葉ってむずかしい。

こんちは!ほずみです!

もう4月ですね。
先日、アイデムでも入社式を行いましたが、
わたしがはじめて採用に関わった方々が入社を迎え、
アイデムの一員になってくれたんだなぁと、とても感慨深い思いでした。
今年もたくさん採用できるといいなぁ

 

さて、本日はわたしがお伝えするのは言葉遣いについてです!

最近、面接をしていて思うんです。言葉遣いとか口癖損してる人おおいな~と。
なので、最低限抑えておくべきことをお伝えいたします!

 

①一人称は『私』
学生時代のお話を伺う際など、『自分はサークルの代表を務めていました!』とか『僕はアルバイトでリーダをしています!』など
人それぞれで一人称の表し方が異なります。これ、社会人からすると結構な違和感なんじゃないかなーと思います。
ビジネスの世界では、一人称は共通して『私(わたくし)』と表現します。(わたしでも良いと思います)
男性の方は学生時代にわた(く)しなんて使う場面無かったと思うのでなれないとは思いますが、社会に出る上では確実に必要なので、今から意識しておくことをオススメします!


②なんか~みたいな~的な~って感じの口癖
『なんか~、私のバイト先ではバイトリーダーみたいなものがなくて~私が店長代理的なこともやってました!』
たぶん、ものすごくいい経験してそうなのに、そう伝わってこない!実にもったいない!と思います。
『私のバイト先ではバイトリーダーのようなポジションはございませんが、店長代理として仕事を任されておりました。』
うむ。しっかりしてる印象が植え付けられますね!
文章で書くとそんな話し方するわけ無いじゃん!と思うかもしれませんが、意外とこんな口調になるもんです。
日ごろの会話でこうなっていないかチェックしてみるとよいかも。

 

③了解しました!
実はこれ、よろしくない表現なんです。
厳密にいうと、よろしくなくはない表現なんですが、(どっちやねん)
「了解しました」は同僚もしくは目下に対して使う言葉として認識されている方が多いのが現状です。
なので、面接を受ける際に了解しました!を連呼すると面接官によっては、ん?となる可能性もありますので注意が必要です。
ベストな回答としては、承知いたしました。orかしこまりました。ですかね。

ご自身の評価を下げないためにもこのへんは意識して面接や電話での対応ができるとGoodです!

それでは、また次回!

エントリーシートってなんでこう最後の2行とかで誤字っちゃうんだろうか。

ほずみです!コンチハ


今日はみんなが何を書こうか頭を悩ませているであろう【履歴書】【エントリーシート】の書き方について思いのたけを書いてみることにします!

f:id:shinsotsuaidem:20190328085418j:plain

  1. 履歴書・ESはなぜ必要?
  2. 面接官は何を重視している?
  3. 面接官に刺さる履歴書・ESの書き方とは?


※あくまで一採用担当の個人的な意見です!

①履歴書・ESはなぜ必要?

履歴書・ESにはいくつか役割があると思っています。

  • 事前に応募者のことを知り、面接で聞きたいことを整理する
  • 書いてある文字量や丁寧さで志望度を計る
  • 入社後に必要な情報を書面として保存する

などなど・・・

最近はペーパーレスな時代になってきて、履歴書もらうよりWEBで入力してもらったほうがいい!なんて企業さんも増えてきているとは思いますが、アイデムではご提出いただく履歴書をけっこう重視しています!

 

②面接官は何を重視している?

まずは丁寧さが重要です!
面接官が履歴書を受け取った際に丁寧に書いた文字かどうかはチェックします。
上手いか下手かではなく、この履歴書を書き上げるのにどれだけ気を遣ったのかが大切です。
殴り書きの文章=本当に志望してくれているのかな?と不安になります。

また、文字以外にも

  • 押印がにじんでいる
  • 写真が曲がって貼り付けられている
  • 下書きが消しきれていない
  • 折れたり汚れたりしている

などは印象ダウンに繋がってしまうことも・・・

そうならないためにも、履歴書・ESを書く際は落ち着いて、時間をとって書くと良いと思います!


③面接官に刺さる履歴書・ESの書き方とは?

一番知りたいであろう書き方です!
ポイントは2つ、ストーリー性注目キーワードです!

採用担当者に『この部分もっと詳しく聞きたい!』とか、『これってどういう意味なんだろう?』とか思ってもらえたら、それだけで一歩リードだと思います。何百・何千とエントリーがある企業の採用担当者からしたら『あれ?この内容さっきの人と一緒?』みたいなこともあるかと。

そんなことにならず、しっかりと印象に残すには、

  1. 採用担当者の気持ちになって読んだときに、光景が思い浮かぶか
  2. あえて意味深な単語を入れてみる

ということがキーです!

極端な例を出すと、

  • アルバイト先でお客様の満足度を高めるために、接客の質を向上させるミーティングを行いました。
  • ピーク時にはレジに10人ほど並ぶコンビニのアルバイト先で、お客様の満足度を高めるために『接客の質向上委員会』を月に1回開催しました。

どちらがアルバイトしている様子がイメージできますか?(そもそも上はなんのバイト?って感じですけど・・・)
加えて、『接客の質向上委員会』ってなんだ??ってなりません?
面接で伝える内容は同じだったとしても、書いてあることを見返したときに、イメージと注目キーワードで後々の印象に残せると思います。
(もちろん、履歴書・ESを書く前に自己分析して、何を伝えたいのかを整理しておくのは大前提ですよ!)

 

※あくまでワタクシの意見なので、全然ダメやん!ってなっても責任はとらんで!笑 

 

こんな感じで一目置かれる履歴書・ESを書いてみてはいかがでしょうか。
これから説明会や面接ラッシュだと思うので体調管理には気をつけて頑張ってください!
それではノシ