ブログ2回目更新しますよー!

こんにちは!アイデム西日本採用担当の長田(おさだ)です!(ソロリソロリ)

ブログに記事を投稿するという経験は何年ぶりなので、何を書こうかドキドキしながら書いています。

 

就職活動もいよいよ2月の後半に差し掛かり、スタート時期を迎えました。

各社の採用選考もスタートするので、選考対策も必要になってきますねよね。

 

そこで、今日は面接について思っていることを書きたいと思います。

 

多くの企業が面接で共通して重視する評価ポイントは、「人柄、性格」だそうです。

要は、どんな人なの?を見極めるために面接をしているとも言えますね。

 

就職活動は恋愛と似たようなものだ、なんていう意見もよく聞きます。

どれだけ相手のことが好きだったとしても、相手がこちらを振り向かない限り、

つきあったり結婚にいたる可能性は、限りなく少ない。。。

お互いの相性」という問題があるわけですね。

 

企業も人の集合体ですから、それぞれのカラー、雰囲気、社風というものがあります。

募集職種ごとにも、業界ごとにも求められる要素があります。

それらとの相性を総合的に判断して、ぴったりな人を採用したい。。。

 

多くの企業の採用担当者は、そんな風に思っていると思います。

もちろん、私もその1人です。

 

そこで重要になってくるのが、面接で自分のことを相手に伝える力です。

といってもプレゼン力というわけではなく、自分のことを自分でちゃんと把握していて、それを正しく伝える準備ができていることが重要なんじゃないかなと思っています。

 

 

自分はどんな人なのか、どんなことをしてきた(学んできた)のか、その結果、どんなことができるのか。

 

 

多少、言葉に詰まったり噛んでしまったとしても、それらをしっかりと伝えることができれば、面接官も、会社との相性をより正確に判断ができるようになると思いますよ!

それが、ミスマッチのない就職に繋がると思います。

 

全部の質問に上手く答えよう!ではなくて、会話を通して魅力伝えるんだ!という意識で面接に臨んでほしいなぁと思います。

 

それでは、今日はこの辺で!次回の更新をお楽しみに!