エージェントって聞くとマトリックスのスミスのイメージだけど、この例えが今の学生に全く響かないことに、年取ってんだなぁと感じる今日この頃。

どうも。ほずみです。

 

前回わたしがブログ更新したのが7/2だから・・・

もうひと月たったんかい!!!はえ

 

ちなみに、フランスの哲学者ジャネさんによれば年をとるごとに体感時間は短くなっていくそうですよ。

 

ja.wikipedia.org

 

もうこんな時期なのでそろそろ内定先を絞り込んで運命の一社を選択した方も多いのでは?

反面、まだ無い内定っすよ・・・って方もいると思います。

 

今日は無い内定の方に向けて、今からでも運命の一社とめぐり合うためのポイント3つを書いていこうと思います。

 

①自分のやりたいこと、定まってますか?

世間的には就活も後半戦に差し掛かっている今日この頃。

採用担当者からすれば、やりたいことが明確になっていて当たり前の時期です。

私は○○を実現したいです!そのために、御社のこんなポジションでこんなことやりたいです!くらいのこと言えたらいいかなと思います。

↑これは具体的でなきゃあきまへんで!

 

人の役に立ちたいです!じゃ伝わんないんですよ。

そう思う根拠(原体験)は?誰の役に立ちたいの?何を通じて役に立つの?そもそもあなたにとっての人の役に立つってどんなこと?・・・

でも、本気で人の役に立ちたい!って思ってたら何突っ込まれても返せますよね?ってことなんですよ。

いじわるしているわけではなく、これくらいの熱意がないと壁に当たったときに諦めちゃうんじゃないか、辞めてしまうんではないかと採用担当者は考えちゃうんです。

だからやりたいことの深掘りは徹底的にやったほうがいいっす。

 

②選考が上手くいかない理由、考えてますか?

これはいわゆるPDCAサイクルを回すってやつですね。

今までの選考を振り返って出来てなかったことを次の選考では出来るようにすることが大切です。

全然振り返ってなかった!って人は手始めに、自分自身に目を向けて、挨拶、表情、姿勢、敬語などなど基本的なところがしっかり出来ているか見直しましょう。

意外と印象とかって大事なんですよ。

加えて、選考でここダメだったなって事を思い出して、次回に向けて成功イメージを膨らませましょう。

失敗は成功の元ですよ!

 

③ひとりで就活、してませんか?

私が就活をしてたときは、サークルの先輩や同期に履歴書の添削や面接の練習をしてもらってました。同じ学生同士とはいえ、新たな発見があったり、自分がまわりにどう見えているのかを教えてもらういい機会になったなぁと今でも思っています。

ただ、知り合いにそんなこと頼むのってちょっと恥ずかしいですよね。

そんなときは就活エージェントに登録してみましょう!

アイデムでもJOBRASS新卒紹介という就活支援サービスを行っています!

jobrass.com

希望にマッチする企業のご紹介はもちろん、履歴書の添削面接対策も行ってくれます!なにこのステマ

JOBRASSでなくても新卒紹介をやっている会社はたくさんあるので、困ったらプロの手を借りるのも内定への近道だと思います。

 

なにはともあれ、できることからやってみてください!

それではノシ