WEB面接中に画面が止まっちゃって声だけになり、後からめっちゃ素早く動いて声に追いついてくる現象を逆いっこく堂と呼んでいる。

こんにちは!
採用担当のほずみです!

 

コロナコロナ言ってる間に気づけばもう6月なんですね・・・ブログさぼっててスミマセン。いや、さぼってたわけじゃなくて、なんと言うか、その・・・

 

・・・そういえば、緊急事態宣言も解かれ、少しずつ街にも賑わいが戻ってきたような気がしますね。


とはいえ、コロナさんも賑わいの中に潜んでいるので、就活生の皆さんも予防を徹底して、これから本格化する就活を乗り切っていきましょう!

 

そんなコロナ禍の中で各社さん力を入れ始めたのが採用選考のオンライン化ですね。
アイデムでは3月中旬から動画での説明会やWEB面接を行い、採用活動を進めておりました。

 

私もWEB面接やってみましたが、これは難しいですね。
何が難しいって、口癖がすごく気になっちゃうんですよね。
「あの~」「え~と」「その~」「まぁ」などなど・・・

 

これらの言葉って、対面で会話してるときはそんなに気にならないんですけど、WEB面接だとめっちゃ気になるんですよ。私だけ?


多分、画面を見て聞く=テレビとか、スマホとかで見て聞くニュース、ドラマ、配信動画ってイメージが強くて、そこに出てる人たちはしゃべるプロだし、編集でいらない部分は消せるから「あの~」とか「その~」とかって言葉無しに聞いてるんですよね。
それがスタンダードだから、いらない言葉が無意識に耳につくのかなぁと考察してみました。


まぁ、完璧になくすのは無理だと思いますが、あまりに頻発すると面接後の印象が『あの~を面接中に100回くらい言う人』ってなりかねないので、ちょっと意識してみてもいいと思います。

 

ちなみに私は何に対しても「そうですね」を乱発する癖がある何でもそうですねマンです。